不動産用語集

高度地区 (こうどちく)

都計法に基づく地域地区の一つで、用途地域内において市街地の環境を維持し、又は土地利用の増進を図るため、建築物の高さの最高限度又は最低限度を定める地区である(都計法9条16項)。高度地区内においては、建築物の高さは、高度地区に関する都市計画において定められた内容に適合するものでなければならない(建基法58条)。建築物の高さの最低限度を定める高度地区は、特に土地の高度利用を図る必要がある区域等について指定され、高さの最高限度を定める高度地区は、住居地域等で適正な人口密度及び良好な居住環境を保全する必要のある区域等について指定されることとされている。

作成者: admin