不動産用語集

土地ころがし (とちころがし)

地価上昇の著しい土地を、当初から転売を予定した仮需要者が購入、時期を見て上昇分を上乗せして売却し、相当幅の利益を得る取引が重なること。
こうした取引をI企業だけでなく、数企業の間で転々と繰り返し、数度の転売を重ねた上で最終需要者の手に渡るところら、“転がし”という。狂乱地価時代に、全国各地で行なわれた。また、転がしの間に高くなりすぎ、買手がつかなくなることを、“パパつかみ”ともいう。

作成者: admin