スタッフブログ

マンション管理組合から水道料金引落しされている?

古いマンションで購入後に聞いてないってなってトラブルが多いのが

管理組合等のことを仲介した不動産会社が調べてないで

ちゃんと説明しないでトラブルになっている物件がございました。

 

マンションの毎月かかる費用というと

修繕積立金

管理費

だと思います。

 

マンション売買を経験されたことがある人の中には、

大規模修繕金の一時金だろ?

とか

大規模マンション等だと

全体積立金のことだろ?

なんて言う人もいるかもしれません。

 

確かに一時金や全体管理費等に関してもかかる物件ありますよね。

 

でも

これってマンションの管理会社から「重要事項調査報告書」を請求すると

全て記載があることなんです。

 

 

重要なのは、管理規約や使用催促を見てみないとわからないことや

ヒアリング等をしなければわからなかったこと等が出てくるんです。

 

 

投資用でマンションを購入する方は特に注意が必要な事項としては

毎月かかるランニングコストだと思います。

 

マンションの所有者が賃貸に出す場合は、別途管理組合に負担金毎月数千円別途かかるなんて

管理組合もあります。

また

水道料金は利用した量に応じて管理費等と合わせて水道料金を引き落としというマンションもあったりします。

 

水道料金は特に賃貸であれば住んでいる人が毎月どのくらい利用するかなんてわかりませんよね?

先日かかわった案件で

某大手投資用マンション仲介会社から中古マンション購入した人が

重要事項説明に記載もなく調べてもなかったから

購入後に負担金があるなんてわかったなんて人もいました。

 

不動産売買は一つと同じ物件がないので、その時その時によって調べる事項が違ってきたりします。

マニュアルに従えば誰でも契約書が作れるなんてことがあったら専門家いらないですよね?

でも現実は、マニュアルみたいな仕事しかしてない不動産営業マンが多いのも事実。

 

法律に基づいて書類作っていれば問題ないでしょ?っていうのも違うと思う。

本質的に何が問題かなんて不動産を売ろうとしている売主だってわからない。

ずっと、そこに住んでいる人であろうが何が問題かなんてわかるはずがない。

なぜなら、購入した時も説明受けてないのだから。

 

不動産営業マンはもう少し専門家としてプロ意識をもっと持ってほしいと思うのは私だけでしょうか?

不動産は幅広い知識も必要だと思うが経験だけではなく

日々スキルアップしようとする意識も重要だと思う。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です