スタッフブログ

ちょっと一服

こんにちは。セリザワです。

今回は、プルームテックのデメリットです。

これは、まったくの私見で、ほかのかたには、当てはまらないこともあることを予めご了承ください。

1、キック感があまりない。

  のどにくるキック感があまりないです。タバコカプセル装着時に思い切り吸うとその時はありますが、弱いです。

2、いつでもやめられるというメリットがある反面、いつまでも吸い続けてしまう。

  吸った時にしか、スイッチが入らないので、吸うのをいつでもやめられますが、その反面気が付くと、ずっと吸い続けています。これは、タールがでないので、部屋で吸えることもあると思います。

3、タバコカプセルが余る。

  LEDでタバコカプセル交換時期を教えてくれますが、「まだまだ吸える」と私はついついそのまま吸ってしまいますので、カートリッジ内のリキッドがなくなり、煙(水蒸気)がでなくなり、最終的には、タバコカプセルがあまります。

以上、私が感じたプルームテックのデメリットです。

前回のプルームテックのメリットと合わせて参考にして頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です