不動産用語集

開発行為 (かいはつこうい)

開発行為(かいはつこうい)

 

建築基準法例によると、開発行為とは建築物の建築または特定工作物の建設のために

土地の区画形質を変更すること。

土地を切土したり盛土したりして整地したりすることや

水道などの埋設管等を移設すること宅地区画を変更すること等が開発行為と言われる。

 

ある一定規模以上の開発行為をする場合は、開発許可を得なければならない。

 

作成者: admin