不動産用語集

親子間売買 (おやこかんばいばい)

親子間売買(おやこかんばいばい)

 

親所有の不動産を子供に売却して売買契約締結して所有権を移すこと。またはその逆。

子供が親所有の不動産を住宅ローンで購入する時に金融機関等で親子間売買での契約でローン審査が必要。

通常の住宅ローン審査と違い、親子間売買では住宅ローン審査は厳しい。

プロの不動産業者に相談して進めることがベストです。

また、売買する金額も市場より安くしすぎると贈与とみなされて贈与税が課税される場合があります。

 

 

 

作成者: admin