不動産用語集

既存不適格建築物 (きぞんふてきかくけんちくぶつ)

既存不適格建築物とは、建築基準法は施工または改正される前に

当時適法に建築された建築物が

建築基準法の改定がなされたことにより現行の建築基準法とでは、その建物が適合されていない建物をいう。

 

既存不適格建築物に対して

違法建築物は建築基準法に適合しないで建築した建築物のことです。

 

作成者: admin