不動産用語集

営業保証金 (えいぎょうほしょうきん)

営業保証金(えいぎょうほしょうきん)

 

宅建業者が営業活動開始するにあたり債務を担保するために供託所に収める金銭のこと。

宅建業者の営業活動における社会的安全を確保するために昭和32年に宅建業法改正に伴い

営業保証金制度が導入された。

万が一、一般消費者が宅建業者が業務上でのミスにより事故を被った場合

供託している保証金から補填され消費者の損害を最小限にとどめるための制度。

 

営業保証金の額は、主たる事務所で1000万円を法務局に供託し

支店を設けた場合は支店ごとに500万円を供託しなければならない。

ただし、宅地建物取引業保証協会の会員は営業保証金を供託する代わりに

弁済業務保証金分担金を主たる事務所で60万円を保証協会に納付し

支店を設けた場合は支店ごとに30万円を保証協会に納付することになっている。

 

 

作成者: admin